土筆のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土筆の歳時記

早春から春へ 土筆の庭が光で膨らんだ



やさしい新緑に包まれた土筆の庭。
緑への憧れは、素朴な憧れです。
ひっそりと無表情な冬の落葉樹も、春になると浅い緑を装いはじめ、生き生きとしてまいります。

創業40年、土筆へ一歩入ると視界は一変します。
国道沿いとは思えない世界。
日常からわずかに切り離された和の空間。
40年という年月が多くの日本文化を育んできました。
玄関には季節ごとの演出・香のかおりを、
また、いたる所に茶花を飾り、趣や風情を醸し出しております。

お食事の後、ご希望がございましたら正式な四畳半の
幽玄の世界が広がる茶室にて、お抹茶をお楽しみいただけます。

850坪の敷地に500坪の日本庭園には別荘感覚の3つの「離れの個室」と、
茶室が2つ点在し、それがまた風情を醸し出しております。

街の中にいながらにして山里にいるような感覚に、心和む事でしょう。
顔合わせや結納、還暦などの祝い事から接待まで
沢山のお客様から選ばれる土筆。

木々に包まれた「離れの個室」はお客様の
テーマに合わせた「しつらえ」にてお迎えいたします。
是非ご利用くださいませ。

個室では「美味」と「ゆるやかな時」をお楽しみいただける、
他の人を気にせずに別荘気分で満喫できる「静かな空間」です。

土筆のおいしさは、500坪の日本庭園と静寂と季節そして
多くの日本文化の中で育まれてきました。


■旬のもの
「桜鯛」
桜の季節、春の海で獲れた桃色の「ウロコ」が
まぶしい鯛は特別に桜鯛と呼ばれており、
極上の美味しさです。
土筆では祝の席にて多くお出ししております。

葉がくれに 散りとどまる 花のみぞ
  しのびし人に 逢うここちする



------------------------------------------
イベントのご案内

3月の茶事懐石
3月27日(火)
「雛遊び」
会費 15,000円(税込み)
午前11時から
「投扇興」も楽しめます。

4月の茶事懐石
4月24日(火)
「茶飯釜の茶事」
会費 15,000円(税込み)
午前11時から
*茶道が初めてという方や、お一人様でもお気軽に参加していただけます。


また、お祝い事のご予約も承っておりますのでお気軽にどうぞ。


スポンサーサイト

土筆の歳時記

春の息吹



春は少しずつ、少しずつ近づいています。
例えば空の色、ウグイス、カズラ、サンシュウの黄色い花弁、
はたまたフキの頭の花……。
障子に映る日射しにも、ひそかに春を感じられます。
また、注ぐ日射しも柔らかさを増し、頬を伝わる風も
どことなく春の訪れを予感させます。

3月になりますと雁は桜の花の訪れを待たずに北国へと
雁行を組んで飛び去ってゆきます。

創業40年、土筆へ一歩入ると視界は一変します。
国道沿いとは思えない世界。
日常からわずかに切り離された和の空間。
40年という年月が多くの日本文化を育んできました。
玄関には季節の演出を、また、香のかおりや
いたる所に茶花を添えて、趣、風情を醸し出しています。

食後の希望がございましたら正式な四畳半の
幽玄の世界が広がっている茶室にて抹茶をお楽しみいただけます。
是非ご利用くださいませ。

850坪の敷地に500坪の日本庭園。
別荘感覚の3つの「離れの個室」や2つの茶室が庭には
点在し、それがまた庭の風情を醸し出しております。

街の中にいながらにしてまるで山里にいるような、
そんな時と空間に安らぐ心地になることでしょう。

顔合わせや結納、還暦などの祝い事、
接待などのビジネスシーンなど
多岐にわたり、沢山のお客様に選ばれてきた土筆。
木々に包まれた「離れの個室」は
お客様のシーンに合わせた室の「しつらえ」にて
お迎えいたします。
「美味」と「ゆるやかな時」。
他人の目を気にすることなく別荘気分が満喫できる
「静かな空間」です。


・季節の花
「椿」
3月は土筆の庭のあちらこちらで美しい椿を見ることが出来ます。
小蝶侘助、白玉椿、朴伴椿、藪椿など、
多くの美しい椿が咲き誇っております。



------------------------------------------
イベントのご案内

3月の茶事懐石
3月27日(火)
「蝶よ花よの雛遊び」
会費 14,800円(税込み)
午前11時から
「投扇興」も楽しめます。

4月の茶事懐石
4月24日(火)
「茶飯釜の茶事」
会費 14,800円(税込み)
午前11時から
*茶道が初めてという方にもお気軽に参加していただけます。


また、お祝い事のご予約も承っておりますのでお気軽にどうぞ。


土筆の歳時記

「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花
主なくとも 春を忘れるな」



立春を迎えると春はもうすぐそこです。
春は、誰しもが待ち望む季節。梅、桃、サンシュウ、
桜、タンポポと春を告げる花々も、咲く時を待っています。

日本人は古来より様々な花によって季節の変化を感じ取り、
大切にしてきました。

土筆には「花と華ぶき」の美しい春がございます。

今年は春の訪れがやや遅いかもしれません。
冬の名残がそこかしこに残っている様は、三河の山里の佇まいを感じさせます。

まるで街場の中の山居のような、国道沿いとは思えないほどの想像を越える時と空間。
木々の緑の庭に点在する離れの室、茶室の建物が一層趣を増しております。

2月は少しずつ、少しずつ寒さが解けてゆく月です。
水のあしらいに日本情緒を感じてください。
玄関には竹に伝わり流れ落ちる水の音が響き渡り、入り口には打ち水が。
店内に入ると野の花がそこかしこにさりげなく生けてあります。

「季節の花の文化」というものがございます。

オシボリを季節の花を用いて、生花のようにお出ししたり、
箸置きなどは庭の花を使うなど、いたる所に茶花を用いてお迎えいたします。

お雛様、顔合わせ、還暦祝いなどの御祝いに、また、接待などにもご利用ください。



------------------------------------------
イベントのご案内

2月14日(水) バレンタインデー
ペアでお越しのお客様には、3日間仕込み、トロケル柔らかさで
脂濃さが無い「豚の角煮」又は「ナスの田楽」をサービス致します。


2月の茶事懐石
夜話の茶事
平成30年2月27日(火)
午後4時から 定員10名
会費 17,000円(税込み) *御一人様でも参加できます
テーマは「和ろうそくのゆらぎの炎、老と景の美」
電気ガスが進む時代、和ろうそくや炭火の曙色の温かさが心を和ませます。
茶室にて開かれる夜話の茶事は、まるで異次元への扉を開くようです。
幻想的な空間を是非体験してみて下さい。

3月の茶事懐石
雛遊び
3月27日(火)
午前11時から 定員10名
会費 14,800円(税込み)

土筆の歳時記

「年の始めを寿ぐ、心新たなる旅立ちの日」



店の玄関、茶室、食事席では、日本の正月の「めでたい」趣向でお迎えいたします。

西洋化した毎日の私たちですが、日本人は新しい年の始めは、特に大切にしてきました。
殊オ月は泣かない、おこらない、という風習も、良い一年であるように、という願いが込められています。

素朴で、ひたむきな心が失われてゆく時代だけに、日本の文化、季節感、伝統を次の世代に手渡したいものです。

初春と言っても、寒気が肌を刺す季節。
ともあれ、寒い時はワンランク上の空間で寒さを忘れ、五感を満たすひとときをどうぞ。
国道沿いとは思えないような別世界で、かつ日本的な雰囲気の中でお料理を味わっていただく事こそ、最上だと思います。

又、日本には季節の花の文化があります。
おしぼりや箸置き、茶花、生け花など所々に添えた花にて、お客様をお迎えいたします。

土筆は、「和風炭火ステーキ」の専門店でもあり、多くのお客様に好評をいただいております。
最上級の和牛「A5」を鰻と同じように炭火で焼くため、ジューシーで甘く、かつやわらかく口の中でとろける美味しさです。
山葵で食べていただく事ができます。
御祝の席や接待にも多くの方にご利用いただいております。



「松」
正月に松を飾る風習が始まったのは、平安時代と言われています。
松は神様が宿る木と考えられ、人々はその枝を戸口に飾って歳神様をお迎えしました。

「鶴」
中国の最高位の文官の装束の模様に描かれていた為に、立身や出世の象徴とされています。

「紅白」
昔の男たちのロマンをしのぶ、紅白の2色は源氏と平家の旗色からきています。
紅白の2色は源平とも、「あいおい」とも呼ばれます。




------------------------------------------
イベントのご案内

初釜の茶事
平成30年1月23日(火)
お陰様で満席でございます。

2月茶事懐石
夜話しの茶事
平成30年2月27日(火)
午後5時から
会費 18,000円(税込み) *御一人様でも参加できます
和ローソクのゆらぎの炎、光と影の美
電気、ガスが進む時代、和ローソクと炭火の暖かさが心をなごます茶室となっております。
夜話しの茶事は異次元への扉。とても幻想的なイベントです。

土筆の歳時記

「光陰矢如」



気が付けば早くも一年が流れ去ろうとしています。
師も走る年の瀬、せわしい日々にほっこりとした「なごみ」時間はいかがですか。

木枯らしがカサコソと枯葉を躍らせ、寒さが日に日に増してきますと
誰もが無性に食べたくなる、上質の和牛「A5」の炭火ステーキは、
甘くてやわらかく、とろける美味しさ。
炭火で焼いているので、とてもジューシーです。

また、子供の頃より、御馳走といえば「すき焼き鍋」や「しゃぶしゃぶ鍋」。
そんなほっこりと温まる鍋もまた良いですね。

街の近くでありながら、日本庭園の四季折々の自然と溶け込み、
触れ合える「土筆」。
美しい「花の文化、季節の花の文化」があります。
土筆では、おしぼりは生花のようにお出しします。
また、庭の花の箸置き、季節を感じる生花、茶花で迎付いたします。
日本にも花を身近に感じる豊かさがありました。

今年一年頑張った自分へ。
又、大切な人へと贈りたい、別世界のひとときを。


------------------------------------------
1月~2月のイベントのご案内

初釜の茶事
平成30年1月23日(火)
お陰様で満席でございます。

2月茶事懐石
夜話しの茶事
平成30年2月27日(火)
午後5時から
会費 18,000円(税込み) *御一人様でも参加できます
上質を超える、異次元への扉
和ロウソクの「ゆらめく光」

ロイヤル会席料理
平成30年1月24日(水)
午前11時30分から 定員10名
会費 15,000円(税込み) *御一人様でもお楽しみいただけます。
500坪の庭に包まれた、国道沿いとは思えない異なる舞台で
五感を満たす豊かなひとときを。
多くの文化、季節の趣向、しつらえ、旬の食材、器の盛り付けなどを解説致します。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。