FC2ブログ

土筆のブログ

土筆の歳時記

~暑気払い~
 

葉月 木々の緑が日ごとに、その濃さを増しゆく8月。
暑さが、はげしさを増す季節、ともすれば人の心も、
体力も夏バテ気味で食欲さえも衰えはじめる今日この頃。

そんな暑さの中、一歩土筆の店内に入ると
国道沿いとは思えない500坪の庭園があり、木々に包まれた
雰囲気が土筆の自慢です。

木々の緑に包まれた空間の心地良さ、緑の涼味感、濡緑から見た庭、
上質な時間のひととき。
一年中で一番暑いこの時期うんとスタミナを付けて、もう「一頑張り」を。

スタミナには「伊勢芋のとろろ」と「和牛特選A5ヒレ肉ステーキ」がおすすめです。
伊勢芋は自然薯のように「アク」がなく胃袋に「やさしく」「なめらか」で消化が良く美味しいです。
また、あまり食べる事の出来ない「特選和牛A5ヒレ肉」は柔らかく、とろろと共に食べると一層頑張れます。
そして、ご年配のお客様も喜んで頂ける一品です。

<おすすめ>
炭火特選和牛A5ヒレ肉ステーキ+伊勢芋とろろ定食
(サラダ、フルーツ付き)
5,900円(税込み)

また、最近テレビで紹介された庭園カフェは「プチぜいたく」で密になりにくく、庭などで和の器、和の出し方、和のロケーションでお楽しみいただけます。
 
~道のべに清水流るる柳かげ
しばしとて こそ たちどまり つれ~   ―西行―

【8月の茶事懐石】

8月25日 水曜日 会費17,000円(税込み)
午前11時から 定員10名    

日常に生かせる茶の湯、日本人としての品格を身に付けるには茶事懐石が近道です。立ち振舞、おしゃれな言葉、季節の感受性が豊かになり、美の世界が広がり美しく貴品あふれる人により 近づけます。
また、茶懐石を通して日本の礼法の「もてなし」「しつらえ」「しぐさ」なども学べます。
茶事の初めての方も、お気軽にご参加ください。


【土筆の営業時間について】

<庭園Cafe> 月曜日~金曜日 
午前10時30分~午後3時30分まで 

<定休日> 毎週木曜日
※詳しくは「土筆」の「facebook」をご覧ください。


日本料理・炭火A5和牛ステーキ
「土筆」
亭主 加藤行一
電話 0564-62-6208
令和3年8月 吉日
HPはhttp://www.tsukusi.co.jp/
「日本料理 土筆」で検索してください。
スポンサーサイト



土筆の歳時記

~木々の緑の誘惑~
 
樹齢100年以上の木々の緑に包まれてリフレッシュ。
緑がもっとも美しい季節。
それは、新緑の頃よりも私は「梅雨時」のような気がします。
降る雨にしっとりと濡れた木々の葉は、より一層その緑を深めます。
そして、雨の日は時間がゆるやかに流れ、一年中で最も「しっとり」とした季節です。

日本書紀に、日本を「豊葦原の瑞穂の国」と表現してます。
6月は、それを実感する季節です。
「緑のあこがれ」は人間の素朴なあこがれ。
「雨を聞く」は、自然を楽しみ、元気になる一つの手段。

土筆の「離れ」は、自然との一体感に魅力を感じる
別荘のような、プライベート時間を楽しむ事が出来ます。
庭園の木々の中に点在した五棟の隠れ家「離れ」。
特に、他では体験出来ない、大きな2本の木に寄りそう
高台の「ツリーハウス」のイメージの別荘的な「離れ」は最高です。

夏のリフレッシュにいかがでしょうか?
黒毛和牛A5炭火ステーキと伊勢芋とろろご飯
4,880円(税込み)

今月土筆の庭で見ごろの花は
夏椿、花菖蒲、下野の花、山アジサイ、ホタル袋、花ショウガです。
ぜひご覧ください。
【6月の茶事懐石】
テーマ『七夕』

6月23日 水曜日 会費17,000円(税込み)
午前11時から 定員10名

日常の中の「非日常」のひととき、500坪の庭の木々の中、茶事懐石は
教養品格をあげる場となります。
魅力ある人間により近づくには
茶事懐石の体験が自分発見の良いチャンスになります。
茶懐石を通して、日本の 礼法の「もてなし」「しつらえ」「しぐさ」など学べます。
茶事の初めての方も、気軽に参加出来ますのでご連絡ください。

【土筆の営業時間について】

<庭園Cafe> 月曜日~日曜日 
午前10時30分~午後3時30分 オーダーストップ

亭主手づくりのシフォンケーキや、お抹茶、濃厚抹茶を
かけて食べるアイスクリームなどのカフェメニューの他、
「おばんざい」や「伊勢芋のとろろ定食」など軽食もご提供しております。

<定休日> 毎週木曜日
※詳しくは「土筆」の「facebook」をご覧ください。

日本料理・炭火A5和牛ステーキ「土筆」
亭主 加藤行一
電話 0564-62-6208
令和3年 6月 吉日
HPはhttp://www.tsukusi.co.jp/
「日本料理 土筆」で検索してください。

土筆の歳時記

~めぐる春に、うき立つ心~
 
 
早春から春へ、土筆の庭が光で膨らんだ。
土筆の庭も、ひっそりと無表情の冬の落葉樹も
春になると、浅緑色を装い、生き生きとして
新芽から若葉、青葉のドラマが始まります。

土筆の玄関に一歩入ると、視界は一変する。
国道沿いとは思えない、日常からわずかに切り
離された500坪の日本庭園の空間は土筆しか
味わえない、「さわやか」で空気が新鮮です。

850坪の敷地に500坪の日本庭園に
別荘感覚の3つの独立した「離れの個室」。
茶室が2つ、庭の中に点在し街の中にいながら
山里にいるような、「心なごます」時空間です。
顔合わせ、初節句、退職祝、還暦などの祝い事、
御接待に、多くのお客様に選ばれます。
  
新芽から若葉に包まれた「離れの特別の個室」で
一日一組の別世界で庭を眼下に見て庭園を一人じめ。
土筆しか味わえない、上質の時空間。

【4月の茶事懐石】
4月28日 水曜日 会費17,000円(税込み)
午前11時から 定員10名

【土筆の営業時間について】
現在、自粛期間中の為 営業時間を短縮しております。
ご了承ください。

<庭園Cafe>
月曜日~金曜日
午前10時30分~午後3時30分まで 
※土曜・日曜日はcaféはお休みです

<お食事>
土曜日・日曜日
午前の部
午前11時30分~午後3時迄

午後の部
午後4時30分~午後8時迄
※土曜・日曜日は通常営業。
定食・お膳ものなどの御食事が出来ます。
※平日もcaféメニューに加え、一部お食事をご提供しております。
※会席などはご予約で承っております。

<定休日>
毎週木曜日
※詳しくは「土筆」の「facebook」をご覧ください。

茶懐石を通して、日本の礼法の「もてなし」「しつらえ」「しぐさ」
など、茶懐石を通して学べます。
茶事の初めての方も、気軽に参加出来ます。

日本料理・炭火A5和牛ステーキ
「土筆」
亭主 加藤行一
電話 0564-62-6208
令和3年2月 吉日
HPはhttp://www.tsukusi.co.jp/
「日本料理 土筆」で検索してください。

土筆の歳時記

土筆の歳時記

~冬から春へ大地の衣替えが始まった~
 
立春がすぎ、春はもうすぐそこに。
春は誰もが、待ち望む季節。

梅、もも、サンショウ、タンポポ、桜、春を告げる花も咲くのを待ってます。
日本人は昔より色々な花によって季節の変化を感じ大切にして来ました。

土筆には「花と芽咲き」の美しい春があります。
街の中の山里のような別世界で、国道沿とは思えない
創造を越る時空間、木々の緑の庭園に点在する
「離れの個室」、「茶室」の建物が、いっそう「おもむき」醸します。
 
2月は、少しずつ少しずつ寒さが解けて行きます。
土筆には「季節の花の文化」があります。可憐に咲く花に心を和ませるお客様が多いです。

一日一組、離れの個室にて…
黒毛和牛A5ヒレ肉ステーキ懐石 ¥12,000より
はいかがでしょうか?

庭を眼下に見て、庭を一人じめ、土筆しか味わえない上質の時空間。
祝い事、ご接待に是非、御利用ください。

500坪の庭は多くの遊びと、木々の緑に包まれた空間が心豊かにさせます。

【土筆の営業時間について】
現在、自粛期間中の為 営業時間を短縮しております。
ご了承ください。


<庭園Cafe>
月曜日~金曜日 
午前10時30分~午後3時30分まで 
※土曜・日曜日はcaféはお休みです


<お食事>
土曜日・日曜日
午前の部 午前 11時30分~午後3時迄
午後の部 午後 4時30分~午後8時迄
※土曜・日曜日は通常営業。定食・お膳ものなどの御食事が出来ます。
※平日もcaféメニューに加え、一部お食事をご提供しております。
※会席などはご予約で承っております。


<定休日>
毎週木曜日
※詳しくは「土筆」の「facebook」をご覧ください。



日本料理・炭火A5和牛ステーキ
「土筆」
亭主 加藤行一
電話 0564-62-6208
令和3年 2月 吉日
HPはhttp://www.tsukusi.co.jp/
「日本料理 土筆」で検索してください。

土筆の歳時記

土筆の歳時記

~ひそかに春の訪れを感じる頃~

 
立春から、暦の上では「春」です。
2月は、もう、間近です。しかし、寒気が肌を刺す思いで
極寒の感じが強い、夜の闇はあくまで暗く、暁は遠い…

それでも、春は、少しづつ、少しづつ、近づいています。
空の色、サンシュウの花芽のふくらみ、万作の黄色の花
梅のつぼみが1つ、2つと咲き初めました。

障子に映る陽射しにも、ひそかに「春」を感じます。
寒い時は、江戸時代から「薬食い(くすりぐい)」と言って
昔の人々は、禁断の獣肉(じゅうにく)を食して
寒さから身を守りました。

日本は仏教の国であったから、動物の肉は
「公(おおやけ)」には食べなかったのです。
寒さを楽しむ風流人は、火を何ものにも勝る御馳走とする。

黒毛和牛「A5」の「すき焼鍋」「しゃぶしゃぶ鍋」を
共に火を囲み、熱々の味を楽しむ。
身も心も暖め合う。
ゆるゆるとくつろぎ、時間を忘れて語り合う。

<今月のおススメ>
【1日一組のお客様】予約限定  おひとり様12,000円~
500坪の庭園に点在する、離れの個室で木々に包まれ
庭を一人じめできます。

おすすめメニュー

「A5」和牛ヒレ肉ステーキ懐石
~ 顔合わせやお祝い事に 御利用下さい ~

【土筆の営業時間について】
新型コロナウイルス感染拡大防止の為、以下の通り営業しております。
<庭園Cafe> 月曜日~金曜日 
午前10時30分~午後3時30分まで 
※土曜・日曜日はcaféはお休みです。
<お食事> 土曜日・日曜日
午前の部 午前11時30分~午後 3時迄
午後の部 午後 4時30分~午後 8時迄
※土曜・日曜日は通常営業。定食・お膳ものなどの御食事ガ出来ます。
※平日もcaféメニューに加え、一部お食事をご提供しております。
※会席などはご予約で承っております。
<定休日> 毎週木曜日
※詳しくは「土筆」の「facebook」をご覧ください。

日本料理・炭火A5和牛ステーキ
「土筆」
亭主 加藤行一
電話 0564-62-6208

令和3年 2月 吉日
HPは http://www.tsukusi.co.jp/
「日本料理 土筆」で検索してください。