FC2ブログ

土筆のブログ

土筆の歳時記


ひそかな春の訪れを感じる

2月4日が立春で、暦の上では春です。
しかし、寒気が肌を刺す思いで、極寒の感じが強い。
夜の闇はあくまで暗く、暁は遠い。

現代の生活では、自然と向き合う事があまりにも乏しい。

しかし、春は少しずつ少しずつ近づいている。
空の色、サンシューの花芽のふくらみ、方作の黄色の花

梅のつぼみが一つ、二つと咲き始めました。
障子に映る日差しにも。ひそかに春を感じる。
土筆の庭では、春が2、3軒隣にいる事が感じられます。

寒い時は、江戸時代より、四ツ足を薬喰といって、
昔の人たちが禁断の獣肉を食して、寒さから身を守った。

日本は仏教の国であったから、四ツ足は「おやけ」には食べなかった。

寒さを楽しむ風流人は、火を何ものにもまさる御馳走とする。
すき焼鍋、しゃぶしゃぶ鍋を皆で共にいずれも火を囲み、熱々の味を楽しむ。
身も心も暖め合う。

土筆の和牛はA5ですので、真黒いアクは出ず、甘くてとろけるうまさであっさりしている為、
心身共に暖まります。

ゆるゆるとくつろぎ、時間を忘れて語り合う

豚の角煮と伊勢芋とろろ定食
2,080円をはじめました。
角煮と、とろろのコンビが絶妙の味で、食が進みます。

豚の角煮は、じっくり仕込みましたので、
脂こさはなく、柔らかく、あっさりしています、
カラシ味噌と良く合います。


【2月の茶事懐石】
2月24日(火)
11:00~
14,800円
スポンサーサイト



土筆の歳時記


心新たたる旅立ちの日

土筆では1月、鶴亀、金銀、松竹梅などの
一陽末福の初春にふさわしい目出たづくしでお客様をお迎え致します。

初春は縁起のよい初もので、気持ちの良い門出をしたいものです。
初荷のとびっきり良い和牛宮崎のA5~A4の牛肉で
「ほっこり温まる鍋」がいいですね。

土筆で「しゃぶしゃぶ鍋で新年会をやろう」などと電話をすれば、
たちまちよだれをたらした食いしんぼうが駆けつけて、
湯気の向こうの顔は幸福そうです。

土筆のしゃぶしゃぶは、鍋に黒いアクは出なく、
あっさりと甘くて、とろけるうまさです。
多くの人が感動します。

そして、おいしくて幸せな
和牛炭火ステーキ+伊勢芋 とろろ御飯は4,600円です。
2種類の料理が楽しめて好評です。

初春とは胃っても寒気が肌を刺す季節。

ともあれ暖かく、そして、正月らしく端正に。
そして静寂の中、
のびやかに明るさを感じるもてなしが、この月のもてなし。


土筆亭主
加藤 行一