FC2ブログ

土筆のブログ

土筆の歳時記


2月は少しずつ、少しずつ寒さが解けてゆく、
枯野より木立に春が来る。
早春の花はどれもふくよかで清りで気品をそなえて、又黄色の花が多い。
万作、老梅、サンシー、タンポポ、菜の花、福寿草・・・
厳しい冬があるからこそ、芽吹きのドラマがある。

節分は冬から春への季節の分かれ目
節分は宮中の年中行事の一つであり、「追難招福の儀」が正式名。
それが民間に広がった。
追難を「鬼は外」招福を「福は内」と言って
豆をまく。ケガした鬼にぶつける。

追難の儀は中国に発し、邪悪を払う。
日本では鬼に見立て、それを追い払い、身の安全を願う。
ヒイラギは鬼の日をつく、イワシは鬼が嫌うニオイ。
1月末頃、お菓子屋に「追難」という銘の菓子が売られる。

初節句、退職祝、還暦、宮参り、結納、顔合わせなど
祝の席に多くのお客様に選ばれる土筆。

土筆の玄関に一歩入ると、視界は一変します。
国道248号線沿とは思えない別世界。
500坪の日本庭園と、静寂が広がる・・・

街場の中の山荘のようで、個室は人に顔を見られることなく話が出来る。

東風吹かば匂いおこせよ梅の花
主なしとて春な忘れるな




梅は春の歩調に合わせているようにゆっくり咲き、
散ることで桜とは違うフクイクとした香りが好きです。
中国より薬用として初の11種が入り、観賞用として入れたのは
飛鳥、奈良時代、原種は白の一重へ


2月14日はバレンタインデー
遠征に出る兵士の結婚を禁じた
ローマ皇帝クラウデイウスに反抗した
キリスト教司バレンタインは2月14日に処刑
後日、その日をバレンタインデーとしたそうです。

又18世紀の後半、オランダ人が長崎出島にチョコレートを伝えた。
大切な人へのプレゼントの場として、土筆の堀ごたつの「はなれ」で
A5和牛黒毛の炭火ステーキ、しゃぶしゃぶはいかがですか?


◆勝運定食
2,462円(税込)
豚の角煮、伊勢芋とろろ、茶碗むし
「豚の角煮」は長い時間かけて仕込み、アサリとしてトロリ、
肉は箸でも切れる「とろろ」と食べるから栄養バランスが良い。


---------------------------------------------

【2、3月イベントのご案内】

「一汁三菜と季節の抹茶」
2月17日(水) 会費 5,180円(税込)
3月23日(水) 会費 5,180円(税込)

◆午前の部 10時から
◆午後の部 12時30分から 各回定員11名様

日本の季節の料理「一汁三菜」と、一服のお茶をいただき、
茶室にて季節とゆっくり向き合い、花を愛で、
道具組妙味をあじわう。
茶をかいして人と語り合う大人の遊びです。


「茶事懐石」
2月23日(火) 雛まつり  会費 14,800円(税込)
3月22日(火) 花がすみ 会費 14,800円(税込)

◆午前 11時から 定員10名様(おひとり様でもご参加できます)


抹茶を通して「もてなし」「しつらえ」「ふるまい」や日本の美しい「ことば」など
土筆の茶事懐石ではこれらを学ぶことができます。
また茶道の初めての方もお気軽に参加できます。
一月が満席になりまして、ありがとうございました。
どうぞ二月の茶事懐石にご参加くださいませ。

---------------------------------------------

祝の席に是非ご利用ください。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsukusi249.blog.fc2.com/tb.php/50-687bff7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)