土筆のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土筆の歳時記

「月を愛でながら、秋の味覚を」


8月23日から9月6日は暑処。
秋の訪れの予感、わずかな秋の気配。
土筆の庭では夜、コオロギやマツムシなどの虫の声が鳴り響き、
昼間は「ツクツクボウシ」、そして赤とんぼが上へ下へと飛び交っています。

風が西側の風に変わり、木越を通った風が肌の上を転がるように
爽やかに吹いて、秋の気配を身近に感じられます。

日頃は忙しく、月をゆっくりと見る事が少ない現代生活ですが、
土筆の木越し、あるいは「離れの室」から月を楽しみ、
料理やお酒に浸って優雅に過ごすのもいいと思います。

松茸の土瓶蒸し、伊勢芋のとろろ、新ギンナの朴葉味噌も、秋の味覚の一つです。
庭・器に秋なり。味わいゆかしく夏の暑さで消耗した体を癒すには木々の緑に包まれた
別世界で滋養たっぷりの伊勢芋とろろ定食やステーキ定食が最適です。


-------------------------------------------
伊勢芋とろろ定食 2,600円
和牛A5炭火ステーキ定食 4,200円
--------------------------------------------

大切な友人や恋人と初めて会った場所は食事処ではなかったでしょうか。
男性が「今夜、御食事でも」と誘う事が出来る、別世界のような素敵なお店へ…

思い出の多くは料理屋で、誰もがそのように心に残るお店があると思います。
土筆では、大切な時、空間と思い出の一ページを作り上げることが出来るでしょう。

結納、還暦、顔合わせ、七五三、お宮参り、接待・・・
様々なシーンに最適のロケーションとなっております。

月々に 月見る月は 多けれど
  月見る月は この月の月


------------------------------------------
9月の茶事懐石のご案内
9月26日(火)
午前11時から 定員10名
会費 14,800円(税込み) *御一人様でも参加できます

日本の自然は四季折々。
次々と表情を変えてゆき、中でも秋はなにかと落ち着いたものに
心が惹かれます。
土筆の木々に包まれ、山里にいるような茶室での茶事懐石はいかがですか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsukusi249.blog.fc2.com/tb.php/64-7aa3ab20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。