FC2ブログ

土筆のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土筆の歳時記

「年の始めを寿ぐ、心新たなる旅立ちの日」



店の玄関、茶室、食事席では、日本の正月の「めでたい」趣向でお迎えいたします。

西洋化した毎日の私たちですが、日本人は新しい年の始めは、特に大切にしてきました。
殊オ月は泣かない、おこらない、という風習も、良い一年であるように、という願いが込められています。

素朴で、ひたむきな心が失われてゆく時代だけに、日本の文化、季節感、伝統を次の世代に手渡したいものです。

初春と言っても、寒気が肌を刺す季節。
ともあれ、寒い時はワンランク上の空間で寒さを忘れ、五感を満たすひとときをどうぞ。
国道沿いとは思えないような別世界で、かつ日本的な雰囲気の中でお料理を味わっていただく事こそ、最上だと思います。

又、日本には季節の花の文化があります。
おしぼりや箸置き、茶花、生け花など所々に添えた花にて、お客様をお迎えいたします。

土筆は、「和風炭火ステーキ」の専門店でもあり、多くのお客様に好評をいただいております。
最上級の和牛「A5」を鰻と同じように炭火で焼くため、ジューシーで甘く、かつやわらかく口の中でとろける美味しさです。
山葵で食べていただく事ができます。
御祝の席や接待にも多くの方にご利用いただいております。



「松」
正月に松を飾る風習が始まったのは、平安時代と言われています。
松は神様が宿る木と考えられ、人々はその枝を戸口に飾って歳神様をお迎えしました。

「鶴」
中国の最高位の文官の装束の模様に描かれていた為に、立身や出世の象徴とされています。

「紅白」
昔の男たちのロマンをしのぶ、紅白の2色は源氏と平家の旗色からきています。
紅白の2色は源平とも、「あいおい」とも呼ばれます。




------------------------------------------
イベントのご案内

初釜の茶事
平成30年1月23日(火)
お陰様で満席でございます。

2月茶事懐石
夜話しの茶事
平成30年2月27日(火)
午後5時から
会費 18,000円(税込み) *御一人様でも参加できます
和ローソクのゆらぎの炎、光と影の美
電気、ガスが進む時代、和ローソクと炭火の暖かさが心をなごます茶室となっております。
夜話しの茶事は異次元への扉。とても幻想的なイベントです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsukusi249.blog.fc2.com/tb.php/67-2f305e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。