FC2ブログ

土筆のブログ

土筆の歳時記

高温多湿の日本のもてなしは、涼一味に尽きる。

七夕が終わると、元気な日差しの夏本番。
街を行きかう人を見ても、道の片側の日陰側を選んで歩いている。
「暑い」が言葉に出てしまう今日この頃です。

クーラーによる涼しさは、私達の生活には欠かせない。
だけど、それだけでは物足りない。
人間の五感を刺激する涼味感の演出が心豊かなひとときを感じさせ、そこに日本の夏の美を感じさせる。

江戸時代は、美と遊びの文化、風流があった。
現代は、機能主義・合理主義で、美を忘れてる。
昔は電気もクーラーもなし、夏の厳しい暑さゆえ五感(目・耳・味覚・感覚)などで感じる「涼」を大切にしてきた。

夏のもてなしの基本は「水」にあり、木々の緑の涼味感、生け花はスッキリ。花の種類は少なめに。
部屋は広く、家具はなるだけ置かない。室内は少し暗めに。
花器は細目の花入れ、又は五感を刺激して涼を楽しむ「打ち水」・「風鈴」・「金魚鉢」・「吊りしのぶ」などは勿論です。

道のべに 清水流れる 柳かげ
しばしとてこそ 立ち止まりくれ 西行

夏は誰しも、多少の「夏バテ」を感じている。
うんとスタミナを付けて「一頑張り」という心いれが何よりも大切。

スタミナには、土筆の「伊勢芋とろろ」がいいです。
アクがなく、胃袋に「やさしく」「なめらか」で消化が良く、元気になれます。

それに合わせて炭火和牛A5のステーキを共に食すると尚良い。

---------------------------------------------

伊勢芋とろろめし膳
1,480円(税別)

伊勢芋とろろ+炭火A5ステーキ定食
4,600円(税別)

---------------------------------------------

【7月の茶事懐石】

7月24日(火) 午前11時から
定員10名(お一人様でも参加できます)

会費 15,000円(税込み)

茶事懐石を重ねて行うと、別の視点で物が見え、現代ではこの事が必要と思います。
そして、目に見えない季節の「移ろいの美」に心を向ける楽しさが増します。

---------------------------------------------

お祝いの席にご利用ください。
ご予約も承っております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsukusi249.blog.fc2.com/tb.php/73-5ae9188c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad