FC2ブログ

土筆のブログ

土筆の歳時記


冬から春へ大地の衣替が始まった

500坪の日本庭園に茶の湯の文かが土筆に根づいている、
このことが、玄関の飾り、オシボリの演出、箸置きの花など季節の「うつろい」を感じながら
可憐に咲く花に心和まれるお客様が多い。

春は少しずつ、少しずつ静かに確実に近づいており、
日差しは心なしか暖かい。
そんな中、冬枯の木々の中より春の訪れを感じとった小鳥たちの
さえずり声が聞こえてくる。
国道248号線沿いに店があるとは思えない
のどかな庭園、JR岡崎駅より8分の所でいつでも、四季折々の花が絶えません。

肉通を魅了する
和牛A5炭火ステーキ定食(120g)
4,200円

焼野菜
サラダ
ライス
赤出汁
フルーツ

500坪の日本庭園の中で土筆しか味わえない
上質の時空間での祝い事、御接待、初節句、法事にご利用ください。

--------------------------------

【今月の言葉】

春告草(はるつげくさ)

冬の寒さに耐え、桃桜に先駆け
美しい香りを漂わせる梅。
その気品がある姿は「春告草」として、万葉集に出てきます。
梅の花が「ほころんだら」長い冬が終わりで春が近づいて来ます。
平安時代より梅の姿を愛でる花から
馥郁(ふくいく)とした香りを楽しむ花へと変わった
「梅の香(うめのか)」という言葉が使われた。

日本料理炭火A5和牛ステーキ
「土筆」
亭主 加藤行一
TEL:0564-62-6208
HP:http://www.tsukusi.co.jp/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsukusi249.blog.fc2.com/tb.php/79-b1c946db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad