FC2ブログ

土筆のブログ

花を待つ、日本人の美意識

いつのまにか、空気が和らぎ、桜の蕾が膨らむ頃
日本人にとって、桜は特別の花、ヅ特別化。
美しいだけでなく、はかなくも1週間から10日間で散るから、それは極めて日本的な考え方、感受性だと思います。
梅は1カ月、桃も長く咲く。
西王母椿は、9月末から年明の3月ごろまで咲く。
それは椿の中でも早く咲き、桃の様にピンク色で大きめの椿。
西王母は中国の桃を司どる女性の仙人の生和えがついている。
多くの人が花の美しさと早く咲くということで感動する。
しかし、いくら美しい花でも半年咲くと「あきて」くる。
日本日の美意識に美しく長く咲けば良ではなく、少しはかない物を好む、
相撲力士でもあまり強い力士よりチョッピリ弱い力士のファンが多い。
茶荘も同じで又江戸時代は花見の為に「きもの」を新調したほどで、
桜をまちこがれた、だから一層あざやか。
され、日本人の美の原点は室町時代の足利義政、東山文化より今日まで続いている。
その話はまたの時にします。


500坪の日本庭園の中で土筆しか味わえない
上質の時空間での祝い事、顔合わせ、初節旬、御接待、御宴会に御利用下さい。
大きい思い出のページが出来ます。


土筆の茶事懐石
現在の私たちの生活は自然と向き合うことが少なくなってい舞うs。茶事懐石では自然のうつろいの美の感動が楽しめます。
御一人でも御参加いただけます。


2月、3月の茶事・懐石
--------------------------------------------------
現在の私たちの生活は、自然と向き合うことが少ない。
茶事懐石では自然のうつろいの美と感動が楽しめます。

2月の茶事・懐石
2月25日(火)
会費:15,000円(税込み)
午前11時から
定員:10名
テーマ「離遊び」


3月の茶事・懐石
3月24日(火)
会費:15,000円(税込み)
午前11時から
定員:10名
テーマ「茶釜飯(サハンガマ)の茶事」

御一人様でも参加できます。
3月、4月の茶事懐石

3月31日(火)
会費:15,000円(税込み)
11時から
テーマ:茶飯釜

4月28日(火)
会費:17,000円(税込み)
11時から
テーマ:菖蒲の茶事

近々「ガーデンカフェ」をオープンいたします。
人を元気にさせる日本庭園の舞台
季節の移ろいの美を表現し、土筆らしい出し方をし、時間と空間を

「土筆」
亭主 加藤行一
TEL:0564-62-6208
HP:http://www.tsukusi.co.jp/






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsukusi249.blog.fc2.com/tb.php/85-8bba7b95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)